DRIPLA
Google Cloudの活用で “簡単・低予算”に
データドリブンビジネスを実現させる
総合支援サービス

DRIPLAとは?

DRIPLAとは、ビッグデータ、IoT、AIに強いGoogle Cloud の活用で、
“簡単・低予算”に“データドリブン”なマーケティング、生産、ビジネスプロセス、
経営意思決定などを実現させる総合支援サービスです。

私たちのサービス

プロジェクトの仕組み

1.データ分析環境の構築とデータの整備

社内外に散在するデータを収集・統合し
データ分析ができる状態にして
可視化・共有できる環境を構築する。

2.機械学習によりデータから知識を獲得

KPIや課題を抽出し、機械学習によって
データから知識(モデル)を得る。

3.意思決定支援・自動化

知識に基づき推論を行い、意思決定の
支援や自動化を行う。

プロジェクトの仕組み

データドリブン(data driven)とは

データドリブンとは、データを収集・分析して、予測や意思決定などに役立てることですが、データを分析してアクションを起こすという点では、従来手法と変わりません。

しかしながら近年、データドリブンに脚光が集まっている理由は、以下のような技術的な発展によって、より精度の高い予測や自動的な意思決定が可能となったことがあげられます。

・リアルとデジタルのビッグデータを収集・処理できるようになった

・データの可視化が容易になり意思決定の高度化が可能となった

・機械学習や深層学習によって複雑なデータの分析が可能となった

つまり、「データドリブンマーケティング」や「データドリブン経営」とは、ビッグデータを収集・可視化・分析・意思決定が容易に行えるITプラットフォームを構築して、マーケティングや経営を進めていく手法と言えます。